スチームクリーナをまず比較しましょう

スチームクリーナーは、本体内部のボイラーでお湯を沸かして発生させたスチームを吹き付けることで汚れを落とすクリーナーです。一般的な掃除機のようにゴミを吸い取る機能はありません。高温の蒸気で汚れを溶かしてふきとるため、台所などの油汚れを落とすのに便利です。高温なので除菌効果もあります。

スチームクリーナーの用途としては、台所の流し周りや、ガスレンジ周りの油汚れ、風呂場のタイルのカビや洗面所周りなどがあります。洗剤を使ってゴシゴシこする必要はなく、台所用品の清掃に使用する場合、食べ物に洗剤がつくという心配もありません。他にも、エアコンのフィルターや車のシート、絨毯やカーペットの汚れ落としにも使えます。

スチームクリーナーにはキャニスタータイプ、ハンディータイプ、モップタイプのものがあり、スチームを発生させる方法でボイラー方式とパネル方式があります。これがスチームクリーナーを比較する大きなポイントのひとつになります。

どれが適しているかは用途にもよりますが、扱いやすさではキャニスタータイプです。タンク容量が大きく長時間の連続使用が可能です。

ハンディータイプはコンパクトで収納も場所をとりませんが、タンクに入っている水のぶんだけ重くなります。またタンクのサイズもそんなに大きくないので、多くの水をいれることはできません。

モップタイプのものは床に特化したスチームクリーナーです。床にしか使用しないというのであれば、価格もキャニスタータイプより安いので、こちらを選択する方法もあるかもしれません。

FX取引